シーバス チャーター

4月12日(土)はSalt Striker(シーバスチャーター船)に行ってまいりました。
ここのキャプテンK氏は大変気さくな方でユーモアたっぷりな方です。
釣りの腕も一流で、まったりと釣れなくなるとさっと竿を振り出して、あっさり釣ってびっくりします。私の友人T氏が常連で毎週乗船して日々シーバスフィッシングの研究をしています。
いろんなルアーを使っては報告してくれています。注目すべきは、Hand Made Hiroさんと共同開発したヒロミノーです。あくまでもウッドにこだわり、動きにこだわって開発したヒロミノーは爆発的な釣果と威力を発揮します。比較することが良いかは別として、みなさん一回はラパラの爆発力に驚いたと思います。おそらく比重とルアーから発揮される水流によって引き出されるNaturalな動きがシーバスに効いているのでしょう。よくラトル入りのルアーがありますが、個人的にはラトル入りのルアーはお勧めしません。なぜなら、自然界にない音のため、シーバスに違和感を与えてしまうからです。違和感を利用する手はありますので、絶対に使うなというわけではありませんのでそこはご留意ください。ただ、年間を通して比較して使い続けると負ける可能性があるということがいいたいのです。
 話はそれましたが、こういった意味でヒロミノーは良くつれるルアーだと思います。また開発中のヒロペンシルもすさまじい集魚効果をもたらします。シーバス用のヒロペンシルは私は持っていないので、バリスティック ミノーを使用します。よくつれるルアーですが、ヒロペンシルには一歩及びません。理由は現在調査中です。
 ヒロさんはトラウト系のルアーが得意なビルダーですので、作成技術は完璧といっても過言ではないほど腕が言い方です。最近はよく管理釣り場でトラウトを釣られる方も多いと思いますが、そこで使うトラウトのミノーの完成度の高さに驚かれた方も多いと思います。
 トラウトはほんの小さなルアーの動きの差が釣果に大きく影響します。また色の違いをよく見極める魚としても知られています。この業界で一目おかれているビルダーですので、こちらのどんな細かな要望にもこたえてくれます。
 シーバスのテスターはT氏にお願いするとして、去年開発されたシイラ用や今後お願いする可能性があるマグロ用のルアーもともに開発していきたいと願っています。

画像

 もし気になる方がいたら、下のリンクを使って覗いてください。
http://home.catv.ne.jp/pp/hiro/

ちなみにソルトストライカーは下のリンクを使ってください・
http://salt-striker.com/

画像

海からみるシーパラダイス八景島です。

こんどは底を取る理由を書こうと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック